シロアリの侵入は床下からだけではありません【株式会社テオリアハウスクリニック】

こんにちは。テクニカルチームの金谷です。

 

今回は、定期的に予防工事をしていたにも関わらず、

2階の窓枠からシロアリの羽アリが飛び出した事例をご紹介します。

 

被害を確認しようと床下に潜ってみると、玄関横の木材に少し水分が滲んだ跡があるのみでした。

そこで羽アリが飛んだ2階の窓枠周辺や外壁・基礎部を調べると、雨漏れを起こしていることが分かりました。

雨漏れのため壁の内部が湿った状態になってしまい、白蟻は基礎と化粧モルタル(基礎の外側を覆う仕上げ材)の間から侵入していたのです。

 

処理としては被害部周辺に小さな穴を開け、薬剤を注入しました。

P4260012.JPG

 

しかし、被害発生の原因である外壁の防水工事を行わないと

注入した薬剤が流されてしまうため雨漏れの修繕も行なってもらうようお客様にご説明しました。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)