玄関部に見られる白蟻被害と駆除工事【株式会社テオリアハウスクリニック】

テクニカルチームの金谷です。

今回は、玄関部分の駆除工事について説明させて頂きます。

 

土の中に暮らす白蟻にとって玄関の框(かまち)や巾木、ドア枠は地面から近くにある木材なので、玄関はシロアリ被害が最も出やすい場所になります。


玄関部分は被害が目につきやすいものが多く、初期の段階で見つかることもありますが、やはり白蟻被害が出る前に予防工事を行うことが一番です。


白蟻は光や乾燥など、外からの刺激を嫌うので木材の表面だけ残して中を食べてしまい、発見したときには被害はかなり進行してしまっていることもあります。

玄関框(かまち)への白蟻被害.jpg

 

玄関巾木(はばき)への白蟻被害.jpg

 

シロアリ被害がある場合には、見た目に異変が無くても触ってみて被害を発見できる場合もありますので、定期的に玄関周りの木材を触ってみることをおすすめします。


また、玄関のタタキを水洗いする際には、そのまま放置するとタイルの目地(隙間)から水分が浸透してしまい白蟻を呼び込んだり、周囲の木材が腐る可能性が高くなりますので注意が必要です。

 

掃除後は雑巾で水分を拭きとったり、ドアを開けて風通しを良くしたりするなどを心がけるようにしてください。

 

玄関部の被害について、当社で行っている駆除方法を説明します。

 

『タタキ穿孔(せんこう)』

玄関工事の定番工法です。

タタキに小さな穴を開け、薬剤を注入します.JPG

玄関は構造上、基礎コンクリートで囲われた枠の中に土を盛り、その上にコンクリートを流しこむという造りが多いため、単純に床下からの処理では不十分な場合があります。


このタタキ穿孔は、玄関タタキのタイル目地にドリルで小さな穴をあけ、コンクリート下の土壌に直接薬剤を浸みこませる処理方法です。


処理後はモルタルで開けた穴を補修します。しかし、タイルの目地幅が狭かったり、

関下に配管が通っているなど状況によりタタキ穿孔できない場合もあります。


 

 

 

 

『框下空間穿孔』

玄関タイルの立上り部分を穿孔し、框(かまち)の下の空間を薬剤で満たす作業で、

床下から白蟻が上がっているのを確認できない場合でかつ玄関に被害がある際処理します。

空間が無い場合、薬剤が入らないので構造上処理できない場合もあります。

 

被害に合いやすい框下の空間にも薬剤処理を施します.JPG

 

 

 

『框(かまち)、ドア枠穿孔』

白蟻の餌となりうる木材に直接薬剤を注入する方法です。

薬剤を注入することで白蟻に食べられなくなりますが、

被害が出ていると処理後綺麗に補修ができない場合や穿孔箇所自体が目に付くことがあります。

 

玄関ドア枠に穴を開け、薬剤を注入します.JPG

 

玄関ドア枠へ薬剤注入.JPG

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)