基礎断熱住宅のシロアリ駆除・予防【株式会社テオリアハウスクリニック】

当社では、近年増加する基礎断熱住宅でのシロアリ駆除および予防施工も行なっています。

 

基礎断熱住宅の被害では、床下内からの侵入だけではなく、

建物基礎周りの断熱材からもシロアリが侵入してきます。

特に断熱材の中は、外が寒くとも温度が保たれているため、

冬でもあまり関係なく被害が進行します。

※シロアリは、「断熱材と基礎の間」もしくは「断熱材の中」に侵入・生息してきます。

 

 

また基礎断熱住宅では、通常の液剤による施工ではなく、

モルタル状の薬剤を用いたシロアリ防除施工を行ないます。

 

今回は、先日お伺いした埼玉県内での外基礎断熱住宅での施工例をもとに、

基礎断熱住宅のシロアリ駆除・予防施工をご紹介します。

 

 

●外基礎断熱住宅での施工紹介

 

@基礎周りの化粧モルタルおよび断熱材のカット

 

まずは、基礎断熱に防蟻施工を行うため、

基礎の化粧モルタルおよび断熱材の上部をカットします。

 

・カット前の様子(建物外周)

基礎断熱カット前1

基礎断熱カット前2

 

・カット後(建物外周)

基礎断熱カット後1

 

基礎周りの上部をカットし、施工するスペースを作ります。

※基本的には、工務店さんにカットをして頂きます。

 

断熱材カット後2

カットすると、化粧モルタル内の断熱材が見えます。

 

今回の物件では建物に被害が出ており、

カットした断熱材の中にも、ところどころにシロアリの作った蟻道(通り道)が確認されました。

カットした断熱材に残る蟻道

 

 

Aモルタル状薬剤による施工

 

次は、カットした化粧モルタルと断熱材の上部に、モルタル状薬剤を塗っていきます。

モルタル状薬剤を水で練って作っています

 

当社では基礎断熱の施工には「タケロックMCブロック」という薬剤を使用します。

この薬剤を水で練ってモルタル状にし、カットした基礎断熱および化粧モルタルの上部に塗っていき、

下から上がってくるシロアリを駆除・予防します。

MCブロック施工の様子

 

※建物の被害状況によっては、モルタル状薬剤塗布の前に、

基礎周りや床下空間に薬剤による施工を行う場合もあります。

 

・施工前

MCブロック施工前

 

・施工後

MCブロック施工後

 

施工後、モルタル状薬剤が乾くとコンクリートの様にしっかり硬くなり、

また薬剤の効果と相まって、地中から上がってくるシロアリをブロックします。

 

 

●内基礎断熱住宅の場合

 

内基礎断熱住宅の場合も、内部の断熱材上部をカットし、

カットした部分の上部にセメント状薬剤を塗布していきます。

 

タケロックMCブロック」は乾燥後、薬剤成分や臭いが非常に蒸散しにくいため、

内基礎断熱住宅でも施工することが可能です。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)