ネズミ(鼠)の被害報告が続々と・・【株式会社テオリアハウスクリニック】

 

冬になり、ネズミによる家屋内での被害報告が本格的に増えて来ました。

 

ネズミ被害で特に多いのが「クマネズミ」であり、

このネズミは非常に身軽で、壁や電線などありとあらゆる場所を伝って、建物の中に侵入してきます。

 

クマネズミ

※家の中に侵入したクマネズミ

 

 

ネズミの主な侵入箇所はこちらをご覧下さい

http://www.pestcontrol-tokyo.jp/rat/rat_top.html

(公益社団法人 東京都ペストコントロール協会サイト)

 

 

この身軽なネズミを駆除・侵入防止するのはなかなか難しく、

建物のあらゆる侵入可能箇所を見つけ、

そして侵入してこないようにするのが、ネズミの駆除で一番大切になります。

※建物の中にいるネズミは粘着トラップなどを用いて捕まえます。

 

ネズミの侵入箇所調査

建物のネズミの侵入箇所を探していきます

 

 

ネズミの毛だまり

※上の写真はネズミが落としていった毛の塊です。

時にはこの用に、ネズミの毛溜まりなどの「ラットサイン」から侵入口の特定を行ないます。

 

 

そしてネズミの侵入可能箇所をまんべんなく塞いでいきます。

侵入箇所封鎖の様子

 

ネズミの被害といえば、よく天井裏を走り回る騒音が挙げられますが、

時には、室内に糞をしたり、食べ物をかじったり、またダニを撒き散らすなどの害もあります。

 

 

こちらの建物では、冷蔵庫の裏から沢山の黒い糞が見つかりました。

ネズミによる糞害

 

 

 

ネズミの駆除および侵入防止には、専門業者による調査・施工が必要となります。

 

ネズミ被害でお困りの方は、専門業者へご相談下さい。

 

※ネズミ・ハクビシンの対策に関する調査は有償(8,000円〜)となります。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

 

 

記事担当: 日暮

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)