シロアリを呼ぶ廃材の放置【株式会社テオリアハウスクリニック】

当社が建物の床下点検・調査にお伺いする際、

しばしば以下の写真のような状況が見受けられます。

 

床下に散らばる木片

 

床下の木片拡大写真

 

これは、床下に散らばっていた木片です。

 

 

また別の場所では・・

 

床下にあった廃材

 

床下の廃材拡大

 

建築時に不要になり、処分されずに残ったとみられる廃材が、

そのまま床下に放置されています。

 

 

こういったことは、床下内の地面に直接シロアリの餌を放置しているも同然で、

不必要にシロアリを呼び寄せてしまうことになりかねません。

 

以下の写真は、床下に放置されていた木片にシロアリが侵入・加害してしまっている写真です。

床下で食害された木片から蟻道

※木片から蟻道(シロアリの作るトンネル)が伸び、周辺へ食害範囲を拡大させようとしていることがわかります。

 

 

こういったことは、実際に床下を点検・調査してみないとわからないことではあるのですが、

できれば建築される方たちによって廃材などは適切に処分していただきたいものです。

 

 

また、床下だけでなく建物の周りに廃材などを放置することも、

シロアリ侵入・被害の引き金となりかねませんのでご注意下さい。

 

 

 

 

●床下点検やシロアリ対策に関するご相談は下記シロアリ専用サイトよりどうぞ↓↓●

http://www.woody.co.jp/

 

 

 

記事担当:日暮

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)