シロアリ侵入箇所への薬剤処理

先日当社が都内のシロアリ駆除にお伺いした時の事例です。

 

 

建物は木造で、事前に点検を行った際、

建物内にシロアリの被害・蟻道(シロアリの作るトンネル・通り道)が確認されました。

 

シロアリの作った蟻道

 

蟻道を壊して確認

 

浴室のドア枠被害

 

上の写真は浴室のドア枠の食害被害です。

一見するとシロアリの被害には見えにくいのですが、

浴室など水まわりの周辺は、他の場所よりもシロアリの被害に遭いやすくなります。

 

 

施工では、蟻道や被害の確認された箇所を中心に、入念に薬剤施工を行いました。

 

施工の様子

 

均一になるように薬剤を散布しています

 

 

床上で被害の激しかった辺りの蟻道を壊し、薬剤を穿孔(小さな穴を開けて)注入すると・・

 

薬剤穿孔注入中

 

蟻道を壊した際にはすぐに現れなかったシロアリが、慌てふためくように沢山出てきました。

 

蟻道からシロアリが沢山出てきました

 

薬剤を注入した上に、蟻道も壊されてしまっているので、

移動のスピードも速く、かなり慌てた様子です。

 

慌てた様子のシロアリ

 

しかし、薬剤がかかってもこのシロアリたちはすぐには死にません。

 

これは当社の通常施工では、

遅効性(時間が経ってから効果が出る)の薬剤を使用しているためであり、

この薬のかかったシロアリたちが巣に戻ることで、

巣内の他のシロアリたちにも有効成分が付着し、より高い駆除効果を得ることができます。

 

 

 

 

●シロアリや駆除に関するお問い合わせはこちらより↓↓

http://www.woody.co.jp/

 

 

 

記事担当:日暮

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)