今年もシロアリのニンフが出てきました【株式会社テオリアハウスクリニック】

 

今年も、もう間もなくでシロアリの羽アリシーズンが到来します。

(※ シロアリの羽アリ群飛のピークは、4月下旬〜5月上旬です)

 

そんな中、社内で飼育・観察していたヤマトシロアリにも、

これから羽アリとなる「ニンフ」が発生しているのが確認できました。

 

写真中央にニンフが一匹います

※ 写真中央の大きいシロアリが「ニンフ」です。

 

 

ニンフとは、シロアリの職蟻(働きアリ)が、羽アリへと成長している途中の段階であり、

このニンフもこのままいけば、これから羽アリとなって群飛することでしょう。

 

ニンフは働きアリより大きくなります

※他の職蟻と比べると、ニンフの大きさがよくわかります。

 

 

また、よく見てみると、ニンフの背中に成長途中の小さな羽も生えてきています。

そして、これからさらに眼や羽が発達し、体色も黒くなってきます。

 

背中に羽が生え始めています

 

ニンフを横から見ると・・

 

 

 

当社では今後もこのブログを通じて、

皆さんにシロアリの防除や生態に関する情報をお届けしていきたいと思います。

 

 

 

 

記事担当:日暮

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)