床下での羽アリ発生事例【株式会社テオリアハウスクリニック】

羽アリの発生は、その建物のシロアリ被害を発見するためのヒントとなりますが、

実は羽アリが大量に群飛していても、お住まいの方がそれに気付かれない場合があります。

その一つに、床下での発生があります。

 

以下にご紹介するのは、昨年の5月に鉄骨造の建物の床下で、羽アリの群飛が確認された事例です。

 

鉄骨住宅の床下から羽アリ発生

 

コンクリートの割れ目から羽アリが発生しています

 

コンクリートの割れ目から、ヤマトシロアリの羽アリが発生しています。

(※ どんなコンクートでも日が経つと高い確率でヒビ割れが生じ、

たとえ床下がコンクリートで囲われていても、シロアリの侵入してくる可能性は充分にあります。)

 

シロアリの羽アリ

 

 

少し離れた場所には、既に別のコロニー(集団)から発生したと思われる羽アリの死がいも確認できました。

別のコロニーとみられる羽アリの死がい

 

 

この様に、床下で羽アリが発生した場合には、

床下収納庫より下を覗いたり、あるいは点検を行わなければ、羽アリに気がつかない場合があります。

 

 

ちなみに、羽アリは群飛後、まずメスがオスを呼び寄せるためのフェロモンを分泌し、

これにつられたオスがメスと出会ってペアとなり、巣作りや産卵を行っていきます。

 

つまり、このペアが後の女王アリ・王アリであり、このペアから新しいコロニーが形成されていくのです。

 

 

また、羽アリの群飛している箇所には必ずといっていいほど、兵隊アリ(兵蟻)も一緒に現れます。

羽アリとともに兵蟻も・・

 

羽アリを護衛(?)する兵蟻

 

これは、群飛している羽アリを護衛するためであり、

普段は臆病で攻撃性の弱いヤマトシロアリの兵蟻でも、

この時ばかりは人前に現れることもあります。

 

 

 

これから本格的に春を向かえ、気温も暖かくなってくると、

いよいよ羽アリの群飛シーズンが始まります。

 

羽アリが建物の中で発生した場合には、その建物がシロアリの被害に遭っている可能性が高いので、

まずは専門業者へ相談することをおすすめします。

 

 

 

 

 

●記事担当:日暮

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)