木造家屋2階でのアメリカカンザイシロアリ駆除【株式会社テオリアハウスクリニック】

先日、東京都中野区内の木造家屋にて、アメリカカンザイシロアリの駆除施工を行いました。

 

 

こちらのお宅では、これまで数回にわたりアメリカカンザイシロアリの調査および施工を行ってきました。

そしてこの日は、2階部分の駆除施工を行いました。

比較的乾燥に強く、活動範囲が広範囲となりやすいアメリカカンザイシロアリは、

日本で一般的なヤマトシロアリとは異なり、1度での駆除完了が難しく、

数回にわたる駆除施工が必要となる場合があります。

 


この日はまず2階和室の畳を上げて床板を剥がし、

1階天井裏(2階の床下)部分の駆除作業から始めました。

 

和室の床板剥がし

 

 

そして床板を剥がし終え、天井裏を確認すると・・

 

 

いたる所にアメリカカンザイシロアリの糞を確認できました。

 

天井浦で確認できた糞

 

天井裏の糞の拡大

 

アメリカカンザイシロアリの被害および生息ポイントの発見には、

この糞を見つけることが非常に重要となります。

(糞は茶色っぽく、顆粒状で硬いのが特徴です。)

 

 

 

今回は、泡(ムース)状の薬剤を使用し、

糞の排出口など、生息ポイントへの薬剤処理を施しました。

 

天井裏での薬剤注入

 

 

 

後日補修をされるとのことから、 詳細な被害状況確認のために和室内の柱表面の一部を剥がしてみると、

食害痕とともに沢山の糞がボロボロと出てきました。

 

柱内がスカスカにされていました

 

食害痕とともに沢山の糞も・・

 

 

この柱内の生息ポイントにも、穿孔(小さな穴開け)を行い薬剤注入を施しました。

 

柱への穿孔・薬剤処理の様子

 

 

 

また、和室だけでなく隣接する他のお部屋にも糞や被害が確認できました。

(被害・活動範囲がわかりやすくなる様にと、お施主様が穴から排出された糞をそのまま残してくださいました。)

 

ここにも糞が・・

 

 

 

 

アメリカカンザイシロアリの駆除には、知識や技術だけでなく、多くの時間や作業も必要としますが、

今後も当社は積極的にこのシロアリの駆除に携わり、

少しでも多く被害に遭われた方々のお力になれればと思います。

 

 

 

● アメリカカンザイシロアリの詳しい情報については、こちらからご覧下さい。

 http://www.kanzaishiroari.com/

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)