シロアリの作る「蟻道」とは【株式会社テオリアハウスクリニック】

今回は、シロアリが家屋に侵入する際に構築する蟻道」について紹介したいと思います。


蟻道とは、シロアリが土や糞によって作り出すトンネルであり、
体が弱く、乾燥や光を嫌うシロアリが、地中から餌(木材)までの道のりにおいて体を守るために作り出します。
蟻道は、シロアリ被害発見のためのヒントにもなります。
 
下の写真は、複数の蟻道が作られている様子です。
 
複数蟻道が作られています
 
このように、条件によってはシロアリが複数の蟻道から侵入してくる場合があります。
 
また、次の写真は床下に蟻道が張り巡らせられた様子です。
 
張り巡らされた蟻道
こうなると、シロアリの食害が進んでしまっている可能性が高いです
 
そして、シロアリは住宅の構造に関係なく、蟻道を作って侵入してきます。


以下の写真は、鉄製の束に蟻道を構築している様子です。
 
鉄製の束に蟻道が作られています
 
この様に、たとえ鉄骨の住宅であっても防蟻処置を怠ると、

シロアリの侵入・そして床板などの木材食害といった被害に遭う可能性があります。

鉄骨住宅だからシロアリ被害に遭わない、などといった根拠は全くありません。
 
また、家の外壁の低いところにも蟻道が作られ、外からも侵入されることがあります。
(これを外蟻道と呼びます。)
 
  
 

記事担当:日暮

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)