木材に被害を与えるムネアカオオアリの駆除【株式会社テオリアハウスクリニック】

先日、ムネアカオオアリの駆除現場へお伺いしました。私自身このアリの駆除は始めてです。

ムネアカオオアリ


東京都内でも生息はしていますが、街中には少ない種類のアリで、山間部に多く生息しています。

今回の現場は山梨県で、長野にある関連会社の株式会社ランバーテックさんの駆除現場に同行させていただいた形になります。 

基本的にアリであれば、木材へ被害を与える種類はさほど多くないのですが、このアリだけは例外で、木材を当たり前のように穿孔し、木屑をばらまく厄介者です。

しかも、比較的乾燥している木材でも穿孔し、更に、断熱材が加わると被害の規模が広がるという、乾材シロアリと土壌性シロアリの厄介な部分を組み合わせたようなアリです。巣がいくつもないだけましですが・・・

当社の対応エリア内だと、駆除対象になるのは、トビイロケアリ・サクラアリ・シリアゲアリ類・ハリアリ類がメインなので、そこまで大規模な被害は想像していませんでした。(中にはかなりの被害もありましたが)

実際の現場は、今までで見たアリの被害で一番規模が大きく、室内全体にアリが這い回り、いろんな箇所に木屑の堆積が見られました。

特に、地下室での被害が顕著でした。


ムネアカオオアリ被害
地下室の木材に穿孔して巣を作っています(下の方の模様は木屑の塊です)
 ムネアカオオアリ.jpg
多数のアリが這い回っています
 ムネアカオオアリ被害
ムネアカオオアリの木材穿孔跡(普通に穴をあけます)
 薬剤注入処理.jpg
室内の侵入箇所への薬剤注入処理
 ムネアカオオアリ被害
地下室に落ちている木屑
 ムネアカオオアリ被害
地下室に落ちている木屑2
 ムネアカオオアリ被害
地下室側から床の断熱材を剥がしてみたところ(上にあるのは合板)

アリでは珍しく、土壌を介して侵入しないこともあるようで、侵入箇所の特定が非常に難しかったです。

   
幸い、コロニーの主要部位と思われるものが地下室側から見られたので、その部分と室内への侵入箇所を重点的に処理しました。

アリ達が処理した箇所をちゃんと通過すれば、効いてくれるでしょう。

今回の現場は、今までのアリ駆除の経験で、ある程度は予想できた部分もありますが、想定外のことが多く、非常に勉強になりました。

害虫駆除にはマニュアル化できない種類がたくさんいて、感覚に頼る部分も大きく、現場に応じた対策をたてる必要があります。ここが難しいけどやりがいのある部分です。

同じような現場があれば、また是非同行させていただきたいものです。

※クロアリ類駆除の金額につきましてはお問い合わせくださいませ。


担当:営業企画部 橋本
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)