チョウバエの駆除【株式会社テオリアハウスクリニック】

ユニットバスから羽のついた虫が長期間発生するというご相談を頂き、調査にお伺いしました。

PA071614s.jpg

季節を問わず発生し、発生場所がユニットバスという点から間違いないと思いましたが、
発生していたのはやはりチョウバエでした。コア下の水受けから発生していたようです。
上の写真の黒っぽい線がチョウバエの幼虫です。

PA071612s.jpg
クリックで拡大します(※虫の幼虫が苦手な方はご注意ください!)

チョウバエは排水溝内やエプロン下の汚れ(スカム)から発生しやすいため、調査後、排水パイプの洗浄をしてもらいました。
一般家屋でのチョウバエ駆除は高圧洗浄などで済んでしまうことが多いです。薬剤は余程のことがない限り(例:排水溝の中、マンションなどで発生ポイントが多い、洗っても発生が止まらないなどの場合)は使用しません。※当社では洗浄作業は行なっておりません。

 

※チョウバエの対策に関する調査は有償(8,000円〜)となります。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

 

 

【関連記事】

・チョウバエ対策について http://blog.woody.co.jp/article/13599729.html

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)