玄関框・ドア木枠のシロアリ被害【株式会社テオリアハウスクリニック】

アパートのオーナー様から「アパート1室にシロアリの被害があり、このままでは貸しに出せない。見てもらいたい」という調査のご依頼がありました。

221115.jpg
 玄関框がザクザクの状態です。 お伺いしたところ、玄関框・室内ドアの木枠に被害が見られました。
こちらの建物では点検口がなかったため、工務店さんに点検口を作成していただき、
床下の点検・後日施工を行ないました。

入居者の方が被害に気いたときは、その場所だけを市販の殺虫剤などで処理されたそうですが、目に見えるものが死ぬだけですので、あまり意味はありません。
ヤマトシロアリは主に土壌の中に棲んでいるため、そこからの侵入を防ぐ処理を行なわない限り根本的な解決にはなりません。
シロアリの被害に気づいたら、まずは専門家に相談しましょう。
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)