サクラアリの駆除【株式会社テオリアハウスクリニック】

本日は、サクラアリの駆除工事を行って来ました。

サクラアリはこの時期(10〜11月)に羽アリが発生するもっともポピュラーな種類です。

市販の毒餌剤が効きにくいため、駆除の難しい種類です。

今回もそうでしたが、毒餌での駆除の確実性が低いことから、基本的には当社でも写真のように液状の薬剤処理が主体です。(状況により剤型を使い分けます)
サクラアリの駆除 (1).JPG

サクラアリの駆除 (2).JPG

・・・しかし、最近数名のお客様から、アリ〇ツ(有効成分:ホウ酸)という毒餌剤の商品を好むという情報を頂きました。今までサクラアリが市販の毒餌剤でまともに食べるという報告は、これだけです。

もしサクラアリが発生したら試してみてもいいかもしれません。500円程度で買えます。

ただ、以下の事項は守って使用して頂かないと、効果がなくなりますので、注意してください。
【毒餌剤を使用する際の注意点】
・スプレー式殺虫剤は使用しない。
・毒餌に集まってきているアリを殺さない。

・・・警戒を与えないことが毒餌剤による駆除の基本です。うまくいけば、巣ごと駆除できます。

 

当社にご依頼いただくと、市販の薬剤を使うよりもずっと高額になるため、まずは、ご自身で毒餌による対策をお試しいただくことをおすすめします。


ちなみに、当社ではこの毒エサによる効果の検証をまだ行っておりません、あくまで聞いた情報ですので、効果の保証はできません。

※効果があるのは、羽のない働きアリのみです。羽アリのみ発生している場合は毒餌剤は無意味です。

今年、2010年はサクラアリのお問い合わせが昨年の10倍以上あり、正直驚いています。異常気象の影響というのもあるのでしょうか。真相はわかりません。

キイロシリアゲアリの羽アリの発生も今年は遅く、ダラダラ出続けていたので、サクラアリもこれからしばらく続きそうな予感がします。

 

※クロアリ類駆除の金額につきましてはお問い合わせくださいませ。



担当:橋本

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)