昭島市でアメリカカンザイシロアリの被害【株式会社テオリアハウスクリニック】

先日、昭島市で、アメリカカンザイシロアリの被害調査を行ないました。

当社で把握している限りは、昭島市での被害確認は初めてでした。

ただ、隣接する立川市では既にカンザイシロアリの駆除を行っており、この地域の周辺にも定着している可能性はあります。

 

羽アリが発生し、ある程度の被害があったので、加害を初めて5年くらいは経過していると思われます。

アメリカカンザイシロアリ羽アリ 昭島市.JPG 

アメリカカンザイシロアリの羽アリ

昭島市でのカンザイシロアリ被害 (3).jpg

羽アリ(有翅虫)の脱出口

昭島市でのカンザイシロアリ被害 (2).jpg

乾材シロアリ類については、まだまだ一般的に認知度も低いのと、被害の顕在化までに時間がかかるために発見が遅れがちになります。

 

日本では、既に全国各地で定着が確認されていますが、近年増えている傾向にあります。(マスコミの影響も大きいでしょうが)  →乾材シロアリに関する過去のマスコミ報道はこちら

 

乾材シロアリは、羽アリの飛来だけでなく、シロアリの生息する木製品(シロアリが侵入してしばらくは気付かない場合が多いのです)の持ち込みなどでも分布を広げます。

 

先日も、輸入家具を扱う業者さんからの問い合わせがありました。 

 

近い将来、現在のように一部地域だけの問題では済まなくなるかもしれません。

 

担当:橋本

 

↓↓ カンザイシロアリ専門サイトです ↓↓

乾材シロアリの専門家が集結!カンザイシロアリドットコム

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)