非常に激しいアメリカカンザイシロアリの被害【株式会社テオリアハウスクリニック】

7月15日は、カンザイシロアリの駆除工事でした。(この時点では完了していません)



この物件は被害多発地域の中心にある物件で、お施主様の話によると15年以上前から被害が確認されていたようです。恐らく、20年以上前からこの地域に生息していたことが予想されます。

アメリカカンザイシロアリの被害 (1).JPG
小屋裏の被害

アメリカカンザイシロアリの被害 (3).JPG
表面は異常なくても手で押すとボロボロ

アメリカカンザイシロアリの被害.JPG
小屋裏に降り積もった糞


ほぼすべての部材がこのような状態です。

ここまで被害が拡がると、一部屋処理するのに複数名で丸一日以上要します。

特に乾材シロアリ駆除に関しては早期発見が重要です。

さらに近所でも近日中に駆除工事を行う予定になっていますが、ここのお施主様はアメリカカンザイシロアリのことをご存知ありませんでした。

これだけの被害地域でも認知度に関しては五分五分というのが現状です。

乾材シロアリ関連の情報をカンザイシロアリドットコムを始め、もっといろいろな方々が見られるような形でリリースしていきたいです。

担当:橋本


この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)