毎年羽アリが発生?確認したらカンザイシロアリの被害でした【株式会社テオリアハウスクリニック】

先日「毎年羽アリが出ていて困っている」という、

この時期に最も多いご相談をいただき、早速調査に伺ったところ

在来のヤマトシロアリやアリ類ではなく、アメリカカンザイシロアリの被害でした。

 

断熱材の上に堆積している糞

 

羽アリが出ているのは主に2階で、特徴のある糞が天井板の隙間からも落ちてきているような状況です。

 

屋根裏を調査すると、小屋梁の下を中心に、カンザイシロアリの糞と被害が確認できました。

食害は屋根裏全体に及び、今まで見てきた中でも、かなりの大被害です。

 

 

上から落ちてきた糞が梁に溜まっている

この物件は現在駆除工事を行っている最中です。

 

アメリカカンザイシロアリの駆除は、被害の状況や建物の大きさによっては複数名で数日間要することも珍しくありません。

 

この物件は15年以上も前から被害の兆候が出ていたという話をですので、20年以上前から乾材シロアリが食害を始めていた可能性もあります。

どのシロアリでもそうですが、特に乾材シロアリの生態を考えると、早期に発見し、対策することが非常に重要になります。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)