2010年、アリの羽アリシーズン到来です。【株式会社テオリアハウスクリニック】

今月の上旬は、毎年恒例のシロアリの羽アリに関するお問い合わせが殺到しましたが、それもだいぶ落ち着き、替わってアリの羽アリのお問い合わせを多くいただくようになりました。

アリ(クロアリ)の羽アリシーズン到来です。
アリは種類が多い(種類でそれぞれ羽アリの時期が異なる)のでシーズンといっても5〜11月までの長い期間発生し続けます。

5月は、オオアリ類やヤマアリ類の比較的大型の羽アリが多いのですが、家屋から発生するような種類はあまりいません。

家屋内侵入で問題になるのは、これらの種類が多いです。(お問い合わせ数上位3種)
トビイロケアリ・・・6〜7月 (屋外でも普通に見られる。壁の中の腐朽した木材などに営巣することがある。シロアリと同じような蟻道を作る)
キイロシリアゲアリ・・・8〜9月 (巣は屋外だが夜照明などに集まって迷惑がられる)
サクラアリ・・・10〜11月 (トビイロケアリと同じように家屋内でに営巣することも)


先日、羽アリではありませんが、アリの駆除および家屋侵入対策を行ってきました。この時期はアリの活性が一気に上がるので、羽アリだけでなく、アリ自体の家屋侵入も多くなってきます。

今回対策をおこなったアリは、「トビイロケアリ」という種類で、1年を通してもっともお問い合わせの多い種類です。

畳の隙間から発生している、と聞いていたので、畳を上げて見たところいくつかの侵入箇所が判明しました。

写真を見ていただけると(クリックで拡大します)わかるのですが、畳寄せと合板の隙間付近に、土が盛られています。腐朽も少ないので、侵入して間もない段階と推測されます。

しかし、このまま放置していたら6〜7月には羽アリが発生する可能性が高いので、早めに処理できて良かったと思います。

 

 

※クロアリ類駆除の金額につきましてはお問い合わせくださいませ。

 



担当:橋本

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)