アメリカカンザイシロアリ・共食いの撮影に成功【株式会社テオリアハウスクリニック】

アメリカカンザイシロアリ共食い.jpg

本日、何気なく飼育中のアメリカカンザイシロアリの初期巣コロニーを眺めていたら、珍しい行動が観察出来ました。

「共食い」です。基本的にシロアリの共食い自体は珍しいことではないのですが、現場を直接見れて、しかもそれがアメリカカンザイシロアリだったので、ちょっと得した気分になりました。

ちなみに襲われている個体(黄色の方)はこの巣の中で一番発達したニンフでした。

この後頭部と胴部を切断され、バラバラになりました。

この理由を解明できるかどうかはわかりませんが、観察を続けていきたいと思います。

 

 



担当:橋本

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)