石膏ボードを貫通したアメリカカンザイシロアリの蟻道【株式会社テオリアハウスクリニック】

先日お伺いした川越市のアメリカカンザイシロアリの被害にあったお宅では、室内のクロスを貼られた壁に1ミリほどの穴があき、そこから糞が落ちていました。

 

クロスをはがしてみると、奥の構造部材とクロスの間にある石膏ボードを貫通して蟻道が作られていました。

 

クロス側からみた写真

 

裏側

向こう側の蛍光灯の光が見えています。

 

横から

厚さは1センチぐらい

 

他のシロアリでもそうですが、木材だけを齧る訳ではありません。時には餌でないコンクリートや金属を齧り、穿孔することもあります。

 

被覆配管の断熱材などがいい例です。

 

担当:七海

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)