ネズミの侵入路を把握する手がかり:ラットサインについて【株式会社テオリアハウスクリニック】

「ラットサイン」とは、ネズミが残した痕跡のことです。

本来ネズミは夜行性で人目に付きにくいため、(天井裏をトコトコ歩く音が聞こえてネズミの存在を知るお客様が多いようですね)ネズミ駆除の調査に伺った際は、これらのラットサインがないかどうかを調べます。

 

【ラットサインの例:全てクマネズミ】

■ かじり跡:

nezu03.jpg 

 

■ 糞 

nezu09.jpg 

 

■ 通り道にできる黒い汚れ

nezu04.jpg

 

【番外】家屋の隙間

これはラットサインではありませんが、調査の際に必ず確認します。

クマネズミは大人の人差し指程度の隙間があれば家屋に侵入できてしまうため、

念入りに探します。

 

※ネズミ・ハクビシンの対策に関する調査は有償(8,000円〜)となります。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

 

当社でのネズミ駆除の方法についてはこちらをご覧ください>>