最近珍しいドブネズミの被害の写真【株式会社テオリアハウスクリニック】

秋から春にかけての寒い季節、多くなってくるのがネズミの駆除依頼です。

ほとんどはクマネズミという種類の小型のネズミが犯人なのですが、

先日、最近珍しい大型の 「ドブネズミ」の駆除依頼がありました。

 

【現場の様子】

現場には糞やドブネズミのものと思われる齧りあとがそこかしこに点在していました。

驚いたのは座敷の横に開けられていた大きな穴!

一度開けられた穴を塞ぐためにベニヤ板が打ちつけられていたのですが、

その上からさらに大きな穴があけられていました。

ドブネズミ被害.jpg ドブネズミ被害2.jpg

 

ドブネズミとクマネズミは生態が違うため、駆除方法も異なるのですが、

共通する対策法としては

 

◆ 餌となるものを室内に放置しないこと。

◆ 整理整頓してネズミのすみかになりそうな場所を減らすこと。

 

が基本です。 まずは清潔にすることが重要です。

家の中が汚いと、それだけ住みつかれる可能性が高くなります。

 

【ドブネズミについて】

ドブネズミ写真.jpg

大きさは25センチ前後と、かなり大型。

体が重いため高いところへ登ることが苦手で、人家へは排水管やその脇に穴を掘って地下から侵入する事が多い。

 

21.10.15ネズミ 001.jpg 21.10.15ネズミ 002.jpg

※上の写真は2つともドブネズミの掘った穴です。

 

※ネズミ・ハクビシンの対策に関する調査は有償(8,000円〜)となります。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

 

 

調査担当:広瀬

 

文章:七海