キイロシリアゲアリの羽アリシーズンは8月下旬〜9月です。【株式会社テオリアハウスクリニック】

8月の後半から9月にかけて、羽アリを飛ばす小さくて黄色っぽいアリがいます。

 

「キイロシリアゲアリ」という種類です。

 

死んでいてあまりいい写真ではないのですが・・・これがそうです。(目盛りは1ミリ)

キイロシリアゲアリ♀.jpg

上がメス(女王になるもの)で、下がオスです。

キイロシリアゲアリ♂.jpg

 

同じ種類か!?という位大きさも形も違います。 

 

働きアリはもうちょっと濃い色をしていて、 これまた同じ種類に見えないくらい違います。

 

6~7月のお問い合わせはほとんどがトビイロケアリの羽アリでしたが、8月下旬〜9月はほとんどがこのキイロシリアゲアリ、もしくはそれに近い種類です。

 

ただ、トビイロケアリと違って家屋内に巣をつくることは滅多にありません。しかし、体が小さいために網戸やサッシの隙間を通ってきてしまうのです。

 

完全に家屋内への侵入を防ぐことはできません(締め切っていてもアリの通る隙間はあります)が、夜間に明りを露出させないような工夫をすることで、ある程度の対策はできます。

 

キイロシリアゲアリの羽アリは人体には無害、建物にも無害ですので、働きアリ(たまに乳幼児が刺されることがあります)が室内に発生しない限りはそこまで心配する必要はありません。(室内に侵入することは稀です。)

 

※クロアリ類駆除の金額につきましてはお問い合わせくださいませ。

 

 

担当:橋本 

 

【関連記事】

・シロアリとアリの羽アリを見分けるには?http://blog.woody.co.jp/article/13400641.html   

・トビイロケアリの家屋内への営巣http://blog.woody.co.jp/article/13490057.html  

・アパートでのイエヒメアリの被害http://blog.woody.co.jp/article/13359247.html