畳と障子にシロアリの被害【ヤマトシロアリ被害事例】

 

 【経緯】

築27年のお宅より、「一階の和室の柱に虫害のような跡がある」とのご連絡を受け、

現場に向かいました。このお宅では、新築以来シロアリ予防工事はしていなかった様子でした。 

 

【現場の状況】

畳下の被害.jpg

畳の下の被害

 

柱近くの畳を上げてみると、シロアリによる明らかな食害の跡が見つかりました。

シロアリは一階和室の床下から上がり、まず柱と畳・敷居を食害したようです。

 

畳に隣接してしばらく動かしていなかった障子にも被害が及んでいました。

 

障子の被害.jpg

障子の被害

 

外部からはよく分かりませんが、この障子の中にもしっかりシロアリが生息して

しまっていたようで、後にこの障子が元となって被害が再発し、二度目の

駆除工事を行なうに至りました。(二度目の施工で障子は破棄されました。)

 

シロアリは住宅の部材だけでなく、こうした長い間同じ場所にある木製品・紙製品にも

被害を与えるケースがあります。【段ボールの被害参照

 

今回のように建具が被害を受けるケースは稀かもしれませんが、

家の中に、長い間動かしていない建具や段ボールなどがあるお宅では、 

お掃除がてら、シロアリが来ていないかチェックをしてみるとよいかもしれません。

(特に窓際など、雨が浸透しやすいような場所は要チェックです)

 

 

調査報告:大野(東京営業所アドバイザーチーム)

文章担当:七海(本社マーケティング部)

 

【関連記事】

・日本人が最も恐れるべきは、ヤマトシロアリの被害です!http://blog.woody.co.jp/article/13392843.html   

・玄関(上がり框)のシロアリ被害http://blog.woody.co.jp/article/13380535.html

・室内の段ボールがシロアリに喰われてボロボロ・・・http://blog.woody.co.jp/article/13372152.html