◆内陸に広がる「最悪のシロアリ」 食害を放置して取り壊した例も◆

日経ホームビルダー10月号の「住宅事件簿」にて、当社が取材を受け、当社が点検を行なった

アメリカカンザイシロアリの被害にあった住宅が取り上げられました。

 

◆内陸に広がる「最悪のシロアリ」 食害を放置して取り壊した例も◆

アメリカカンザイシロアリの被害多発地域のある一軒の住宅の被害を取り上げ、

アメリカカンザイシロアリの生態や駆除方法、不動産売買上のトラブルなどを

わかりやすく解説しています。

※画像をクリックすると本文が閲覧できます(pdf形式、全2ページ)

日系ホームビルダー10月号 内陸に広がる「最悪のシロアリ」 食害を放置して取り壊した例も

 

◆概要◆

アメリカカンザイシロアリの和名は乾燥材(乾材)を好むところから名づけられている。

乾燥した木の中だけで育ち、数が増えると他の木へ直接飛びわたる変わった習性をもつ。

このシロアリは 一般的に有名なヤマトシロアリなどとは違い、土壌や土台を薬剤処理していても防ぐことができないとても厄介なシロアリだ。

完全な駆除が困難で、日本しろあり対策協会は駆除処理後も定期的に点検することを勧めている。

また、アメリカカンザイシロアリの生息地では不動産売買絡みでもトラブルになりかねない。

まずはアメリカカンザイシロアリに ついて情報収集をするところから始めたい。

 

>>この記事についての詳細ページ【日系BP社】