悪質シロアリ業者による被害事例

 ご新築から20年目のA様宅での出来事です。
A様はご自宅を鉄骨系の大手ハウスメーカーで建てられました。鉄骨住宅でも構造材以外には木質部材が多く使用されていますので、新築の時に防蟻処理を行っています。A様宅は20年前に当社で新築予防工事をさせていただきました。その保証期間の満了にともない、10年目と15年目の2度当社で再施工をしていただきました。とても建物を大切にされている方です。床下の状況は良好でシロアリはもちろん、構造的にも何も問題はありませんでした。
 ところが、20年目の今年改めて点検に伺ったところ、床下が大変なことになっていました。まさに悪質シロアリ業者の典型で、やりたい放題やられてしまっていました。
 お客様に契約書を見せてもらって、またビックリです。総額421万円という、途方もない金額でした。

【こんな内訳でした(値引きもダイナミックですね)】
耐震補強プレート 230万円
基礎補強コーティング 160万円
床下換気扇、攪拌送風機  79万円
カビ処理、その他  24万円
値引き  72万円
合計 421万円

 金額もさることながら、内容にについてもすべて、全く必要の無いものでした。まさに、何も判らないお客様の、少しでもお住まいを大切になさりたいという弱みに付け込んだ手口です。すでに3年以上前に終わってしまっている工事ですのでどうにもなりません。私どもが事前に情報をご提供してさえいれば、と大変申し訳なく思いました。
 皆さんも、このような提案を提示されたら、少なくとも複数の業者から見積りを取るか、建物を建築してもらった工務店さんなどにご相談ください。

束メタル.jpg     基礎メタル、コート.jpg
     【束補強プレート】      【基礎補強プレート、コーティング】

換気扇.jpg     攪拌機.jpg
     【床下換気扇】            【床下攪拌送風機】

より詳しい悪質業者の手口を知りたい方はこちら>>